スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< [ヒカルの碁(第十一局最も卑劣な行為)]感想 | main | [けいおん(第11話ピンチ!?)]感想 >>

[魔法少女リリカルなのは(第11話思い出は時の彼方なの)]感想

なのはとフェイトの戦いが遂に始まった。なのはの攻撃も強いがフェイトはその攻撃を防ぐ。一方なのはもフェイトの攻撃をシールドで食い止める。でも、フェイトの魔法凄い。流石大魔道師の娘だ。そして、ユーノとアルフに手だししない様に言うなのは。完璧二人の魔法のガチンコ勝負だ。なのはの魔法を防ぐフェイト。なのはのデバインバスターのバリエーション。そして、なのはの全力の力スターライトブレーカー。凄い、恐らくこの1期目ではなのは最大の技だろう。クロノが馬鹿魔力って言うのも無理無さそう。少しこの技はなのはでもやり過ぎかも。そして、遂にプレシアテスタロッサは逮捕。時空管理法違反と管理局管制への攻撃だけじゃなく娘への虐待も普通だったら問われそうだけど...。フェイトも南保虐待するとは言え母親が逮捕されるのは辛いだろう。そして、現れたのはフェイトそっくりなアリシアテスタロッサ。フェイトはアリシアの記憶で作られたフェイクだったとは...。でも、プレシアもフェイトにとって扱いが酷過ぎる。そして、言われたのが信じてた母親の存在に言われたのが「大嫌い」じゃ倒れるし、なのはが怒るのも分かる。そして、当のプレシアは自分の力を取り戻す為に逃亡。そして、高笑いするプレシア。最後まで暴走する魔道師だ。
| アニメ[魔法少女リリカルなのは]感想 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:33 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://hyunan1215.jugem.jp/trackback/916

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM