スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< [けいおん(1話廃部)]感想 | main | 土井しば漬本舗の志そ漬きゅうり >>

[ナルキッソス](著:片岡とも、イラスト:ごとP、いくたたかのん)を読んで

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
主人公阿東優がある冬の日に入院し、病院の7階に入院するがそこには先にセツミと言う女性が入院しており彼は彼女に「ただ命の尽きる場所」と言われる。そして、最期の時を迎えるのは自宅か病院の7階かと言われる。しかし、彼女はどちらの選択肢も拒む。そして、優は父親の車を奪いセツミと共に病院を抜け出して...。
感想 
病人の話と言う事も有り電撃で出ている「半分の月がのぼる空」に似てると思いました。でも、半月と違うのは半月の場合、ヒロインの里香は手術をすれば助かる可能性があるのに対し、この作品の場合はヒロインがただ死ぬのを待つしかないという状況と言う点です。そして、若いのに病院か自宅で死ぬのを待つしかなく、それ以外の選択を出来ないと思ってた彼女に入院してきて彼女と同じ運命を背負っている彼が父の車を隙を見て奪って逃走し彼女の最後の願いを受け入れようとした事です。彼がした事と言えばあまり良い行動とは言えない(と言うか悪い事もしている)が彼なりに彼女を最後まで彼女がやりたい事をしてあげて彼女を幸せに出来たと思います。そういう点も有り最後は凄い切ない終り方をしてる作品に感じました。
| MF文庫の感想 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:52 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM