スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< [乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ(第11話感じていたいです…)]感想 | main | アニメ[GA芸術科アートデザインクラス(第1話えがいてあそぼ)]感想 >>

[とある科学の超電磁砲(第11話木山せんせい)]感想

木山せんせいが能力者だったとは...。そして、初春に渡されたレベルアッパーのデータには一体何が入っているのか。そして、木山先生と戦うアンチスキル。あっさりやられてどうする。そして、御坂は相変わらず自分より強い相手でも果敢に挑んでいくなあ。そして、毎回ピンチになりながらも考えて相手を倒すし...。そして、木山先生を倒そうとしたら。木山先生の過去が、確かに取敢えず教免とって嫌々教師やってる奴には子供って騒がしいし、デリカシーが無く、悪戯するし嫌になるのかもな。でも、だからこそ本当は好きだったりするのかもしれない。そして、木山先生もそう感じてるのかも。そして、御坂は木山先生から出てきた化け物に見ただけで驚いてるし...。 
| アニメ[とある科学の超電磁砲]感想 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 01:20 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://hyunan1215.jugem.jp/trackback/1253

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM