スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

[魔法少女を忘れない](著:しなな泰之、イラスト:越島はぐ)を読んで

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
高校生北岡悠也の基にある日、突然みらいという少女が妹としてやって来る。彼女について知っているのは、みらいが昔魔法少女だった事。自分の知らない世界を生きてきた妹に兄として向き合う日常。そして、幼馴染の千花や親友の直樹に助けを借りながら、季節は変わっていき...。
感想
魔法少女と聞いて「なのは」の様な少女だとイメージしていたのですが、この作品に出て来る魔法少女は防衛省等の軍事関係に関わったりしている点では、少し「最終兵器彼女」に似てると感じました。そして、主人公のみらいが「kaguya」のひなたに似てると感じました。そして、幼馴染の千花のツンデレで毒舌的な喋りは独特さが有りますね。そして、みらいが好きな直樹。親友の妹に恋する気持ち分かります。そして、恋愛で連敗中の秋村先生。何処にでも似た様なキャラは居るものです。そして、ガーデンでみらいと一緒のわかば。姉妹の様に仲良いですね。そして、この作品はシリーズ作ではないものの、学園もののストーリーでイベントとなる夏の海に行くシーンや秋の学園祭等季節を感じさせるシーンもあって1冊で四季のストーリーの流れを上手く纏めてる様に感じます。そして、魔法少女という存在故の寿命の短さという儚さも感じられました。その点含めると若干「ナルキッソス」に似てたりして切ない部分も感じられる一冊です。又、自分の妹と幼馴染と自分の親友を廻る複雑な恋について書かれてる点や、その事に、主人公が鈍くて気付かない点等、恋愛についても上手く書かれてると思います。
 
中古でこの作品探すなら
| スーパーダッシュ文庫の感想 | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アキカン!(ス-パーダッシュ文庫)を読んで

JUGEMテーマ:オススメの本

大地カケルはある日、自販機で買ったメロンソーダを自分の部屋で飲もうとして缶に口をつけた瞬間、目の前に少女が現れる。カケルは少女にメロンという名前をつけ一緒に住む事になる。その後、男屋という経済省の人が二人の下を訪れアキカンエレクトというアルミ缶とスチール缶の戦いを持ちかけてくるが、カケルはその戦いを止めさせる事を考える。一方、カケルの幼馴染みの天空時なじみもアキカンの少女に出会い。エールと名付け一緒に住む事になるが...。メロンはスチール缶、エールはアルミ缶と、この作品にはスチール缶のアキカンとアルミ缶のアキカンが出てきますが、カケルが戦わないで済む方法を考えてる所や、色々な飲物のアキカンが出てくる点について、そして、なじみとメロンのカケルを巡る恋の三角関係等、戦闘シーンや恋愛面でも非常に読んでて楽しい作品だと感じました。
| スーパーダッシュ文庫の感想 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM