スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

[ほうかご百物語]7巻目(著:峰守ひろかず、イラスト:京極しん)感想

評価:
峰守 ひろかず
アスキーメディアワークス
¥ 599
(2010-02-10)
コメント:妖力が使えなくなったイタチさんを守ろうとする真一が少し格好良く思った。逆に逃げ越の寺林先生に呆れてしまった。そして、印象に残ったのが廃校で肝試しするシーン。流石に妖怪の巣ですね。でも、鏡で怪異現象はポピュラーなので少し意外に思いました。

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
ある日の放課後、美生さんの家で妖怪の対処中にイタチさんの妖力が使えなくなってしまう。そして、皆に心配をかけたくないイタチさんは妖力が無くなった事を秘密にしたいって言って...。そんな中美術部はGWを利用して合宿に向かう事になるが...。

感想
妖力が使えなくなったイタチさんを守ろうとする真一を少し格好良く思いました。今迄このシリーズ読んで来てイタチさんが真一を守ってるシーンが多かったので、お前普通は男が女を守るのが普通だろって思っていました。そんな中、完全駄目キャラを演じて居たのが寺林先生だったと思います。女子生徒が妖怪に襲われてるのに助けないで「三十六計逃げるが勝ちやでっ」てあんたが逃げてどうするって思って読んでました。そして、今回も結構読んでいてインパクトの有る妖怪が出て来てるなと思いました。インパクトあったのは手杵返しですね。あんな球体に襲われたら南保イタチさんの様な可愛い女の子と自転車に二人乗りで乗っていても生きた心地はしないですね...。そして、廃校に肝試しに行く話では流石妖怪の巣ですね。(以下ネタバレ注意)鏡にトリックが有るってのはこの手の話では良く有るので鏡ではないかとは思っていたのだけれど...。そして、シタガラボンボコ相手に黄色の別名を答える真一の美術に対する知識の凄さを感じてしまった。バーミリオンが赤だなんて相当マニアックな色知ってるなって思ってしまった...。そして、この巻では新井さんも迫力が有るシーンを演じてると感じました。落ち込んでる真一に対して「しゃきっとしなさい」の一言結構迫力が有りますね。新井さんの様な面倒見の良い女の子に言われるとスッキリしますね。流石生徒会副会長って感じです。そして、今回登場した化皮衣。変身できる便利なアイテムでも代償で大事な物を失うっていうのは痛いですね...。ましてや好きな女の子に貰った誕生日プレゼントじゃ...。
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

[ほうかご百物語]6巻目(著:峰守ひろかず、イラスト:京極しん)感想

評価:
峰守 ひろかず
アスキー・メディアワークス
¥ 599
(2009-10-10)
コメント:この巻では主人公の真一が主役らしいのですが、その事もあって妖怪と言うよりも美術部に焦点が当たっていたって言う感じがします。まあ美術部は妖怪退治する事が目的じゃなく絵を描く事が活動目的だから当然ですが、でも美術部に焦点が当たってもそれにちなんだ妖怪が出て来るのがこの作品の期待を裏切らない良い所だと思います。

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
新しい学年に進級した真一達の前に世界的に有名な金髪美人のニコと言う画家が現れ、真一を弟子にしたいと申し出る。ニコからのスカウトに喜ぶ真一だが経島先輩の策略でニコを慕う新入生フィルと
弟子の座をかけて勝負する事になって、しかも、イタチさんはフィルの事に気をかけてる様子で...。
感想 
この巻では今迄に比べ真一の美術部での活動について書かれてると思いました。そして、フィルとの絵で勝負も有ったりで、今迄の巻では殆どが妖怪退治中心に書かれていて美術部としての活動があまり書かれていなかったので今迄の内容に比べ少し美術部の活動として焦点が当ったと思ったら、又、新しい妖怪が出て来て、しかも、外国の妖怪まで出て来るとは思わなかった。そして、学校だけでなく美術館でも妖怪が出てきましたね。画霊の話が中々印象的ですね。いきなり絵の中に閉じ込められて暴れ馬に真一が追いかけられる所が...。イタチさんの舞踏会場でのドレス姿は中々ハイカラな感じがしそうな感じですね。これには真一もメロメロでしょう。何かこの画霊の所読んでて昔「みんなの歌」でやってた「メトロポリタンミュージアム」って曲を少し思い出してしまいました。(あの曲も最後好きな絵の中に閉じ込められてしまいますね)。それ以外にも、トラブル起こしたロケット研究サークルの連中の話も有ったりで...。イタチさんが着てる宇宙服が少し本格的だなって感じてしまった。後、最後の方で経島先輩が呟いた電撃の他作品と掛け合わせた台詞が少し大胆だと思ってしまった。まあ、確かに二コは狼ですがね。ひょっとしてホロと住んでいた所が一緒?まさかね。この巻での真一のフィルとの勝負は二コとイタチさんを賭けて勝負って感じも少ししたけど。そうでは無い様ですね。次の巻でも真一の美術部での活動と恋の進展?には期待ですね。
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

[ほうかご百物語]5巻目(著:峰守ひろかず、イラスト:京極しん)を読んで

評価:
峰守 ひろかず
アスキーメディアワークス
¥ 599
(2009-06-10)
コメント:イタチさんにライバル登場。しかも、蛇の妖怪と言う事で気になって読んでみました。後、表紙のイタチさんの浴衣姿が可愛い

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
多々羅木兄弟の騒動が一段落して進級を控えた春休み。学校の裏山で蛇を助けた真一は助けた蛇にいきなりお嫁さんなれと言われ...。そして、イタチさんが何者かにデートに誘われて...。
感想
この巻も真一はイタチさん絡みで色々波乱が起きてるって感じがしますね。そして、前巻でもめた多々羅木の美生さんとは真一達随分仲良くなったなって感じがします。何気に一緒に花見までしちゃってるし...。そして、この巻から出てきた蛇女房の鱗さん。山かがしなんですねって事は毒持ってるんですね...。最初、下着着無い所大胆でセクシーさを出してるって感じがしましたけどね...。そして、この巻も色々な妖怪が登場しますね。粂神家も凄い妖怪マニアって感じがしましたが多々羅木家も負けてはいない位に蔵とかに妖怪が眠ってるって感じですね。その中でもメジャーな座敷わらしが今回初登場なのが意外な感じ。そして、2年生に進級の真一。憧れのイタチさんと別のクラスで残念でしたね...。そして、真一がカイオウを倒す時に食べた太歳。一度食ってみたいっすね。まあ、獅子岩さんが食ってイタチさんの所のマンションの一部壊してたけど...。次の巻もイタチさんと真一の恋の行方?と新たな妖怪に注目ですね。
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

[ほうかご百物語]4巻目(著:峰守ひろかず、イラスト:京極しん)を読んで

評価:
峰守 ひろかず
アスキーメディアワークス
¥ 599
(2009-02)
コメント:バレンタインでの出来事も含めて、この巻で真一とイタチさんは熱いですね...。4巻になると結構マイナーな妖怪も出て来ます。

JUGEMテーマ:ライトノベル
内容
3学期が始まり妖怪退治の日々を送る美術部員達、そんなある日邪魔する謎の兄弟が登場。危険な妖怪を野放しに出来ないと話すが、聞く耳を持たない二人。そして、イタチさんをストーカーする人物も現れたり、バレンタインに現れる妖怪も登場し...。
感想 
前回に引き続き粂神が関ってますね~。今度は娘の様ですが、南保イタチさんが妖怪で正体が知りたいからって小学生でストーカーはねえだろうって最初は思ってました。でも、この作品は妖怪の沢山出る作品。最初は普通の人かっと思ったら期待を裏切らないのがこの作品なのか、勿論裏切らない展開でした。そして、遂に最大の邪魔者?が登場、彼らも当然妖怪ですが、動物系と言う点ではイタチさんのライバルなのかも、でも、完璧な悪役ですね。見た目は人あ間と言う点では完璧猫かぶりなキャラですけど。そして、三学期の話で恋愛関係って言ったらバレンタインでしょ。そして、美術部の真一の周りに居る女子。そして、気になるイタチさん。真一がイタチさんにチョコ貰えるのかっていう心配が出てますね。そして、そんな真一とイタチさんの仲。二人共似ていて好きすぎてだから気遣って遠ざかっていく関係が出ていると感じました。そして、この巻で活躍したのはそんな二人の同じ様な相談に乗り二人の仲を取り持った赫音ではないかと思います。前巻で真一と赫音が真一とイタチさんの仲を話してるシーンがこの巻に繋がってると感じます。そして、2巻では天狗の奈良山が、3巻は、稲葉先生の活躍でピンチを乗り切って、この巻では最後赫音の活躍と言う点では、巻ごとに周りのメンバーがイタチさんと真一を最後のシーンで盛り上げていってますね。そして、今回登場した多々羅木兄弟は次の巻でも邪魔しそうです。そして、4巻になると出てくる妖怪が知らない妖怪が多く感じます。そして、イタチさんと真一の仲が今後進展するのも気になると言う点で次の巻も期待してます。

このシリーズ購入はこちらがお薦め。
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

[ほうかご百物語]3巻目(著:峰守ひろかず、イラスト:京極しん)を読んで

JUGEMテーマ:オススメの本
内容
美術部の幽霊部員、穂村からのsosメールで温泉宿に向かった真一とイタチさん達。そこには...な妖怪が居て...。そしてイタチさんとの冬休みには怪人やイタチさんの偽物まで現れて...。
感想
温泉に行く話と言う事も有りこの時期にはぴったりな1冊です。温泉と言う事で破廉恥な事する奴が居るなと思ってたらやはり居ました...。そして、温泉にはこの時期に出てきそうなあの妖怪も登場します。そして、この時期にはこの格好は変だろうと思うような怪人も。しかも、この怪人、天狗で上から登場するはいきなり真一達に勝負挑んでくるは無茶苦茶な奴だなと...。しかも、この天狗との勝負で真一は学校に潜むあの妖怪を使うとは...。そして、天邪鬼はイタチさんの偽物に成りきった上、セーラー服剥ぎ取って着るとはとんでもない奴だな...。でももっととんでもない奴が、学校内に潜ん出て。しかも、強い筈のキツネがピンチだし...。しかし、このキツネ、秘密の多さで助かるし...。この巻でもイタチさんは可愛い。浴衣着てたり、学生服着てたり、そんなイタチさんを見て真一はどんどんエロく成ってる様な気がするし...。そして、謎の多い天狗の奈良山。今回新たに仲間が登場するが他の彼の仲間は今後出てくるのか。そして、次巻はバレンタインの話が有るらしいが真一とイタチさんの関係が凄く気になる。経島先輩がイタチさんの声真似して真一に「嫌い」とか悪戯で言ってたけど...。後、真一が滝沢さんと喫茶店で話してた内容だと、イタチさんと一緒に休日にファミレスやホームセンターに行ってデートしてる様だけど...。
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「ほうかご百物語」2巻目を読んで

JUGEMテーマ:オススメの本
感想
前巻に続いて色々妖怪が出てきますが、4話の河童の話が特に面白かったです。又、5話の猿神の話、大きい猿と小さい猿が多数群れてる状況でしたが、想像すると怖いです。後、初登場の赫音とライカ、中々クールなキャラですね。そして、イタチさんは浴衣姿や水着姿等の色気のシーンが多くて最高でした。水着姿のイタチさんを見て興奮して倒れてる真一。君の気持は分るよ正直だねー。次の巻では温泉に行くらしいが、2巻目の最後の方で妖怪が出て助けを求める奴が居たので気になる。次の巻が早く読みたいです。 
| 電撃文庫[ほうかご百物語]感想 | 03:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM