スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

東北の索道一覧(日本ケーブル編)

東北地方の日本ケーブル製の索道を以下にまとめてみました

青森県
八甲田ロープウェイ
鰺ヶ沢スキー場ゴンドラ

岩手県
安比高原スキー場ゴンドラ×2

秋田県
不明

宮城県
みやぎ蔵王えぼしスキー場ゴンドラ

山形県
ヤマコースカイケーブル
蔵王中央ロープウェイ
蔵王ロープウェイ山頂線
天元台ロープウェイ

福島県
猪苗代リゾートスキー場ゴンドラ
アルツ磐梯ゴンドラ

過去に存在した索道
うつくしま未来博ゴンドラ(アルツ磐梯のゴンドラを借りて運営していた様だ)

あくまでも普通の旅客索道と言う点でスキー場のリフトは省かせて戴きました。
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

乗車世界一ギネス認定

神奈川県箱根町の箱根ロープウェイが乗車数世界一でギネスに認定されたそうです。
箱根ロープウェイは世界一有名な索道かもしれません。俺も一度は乗車したいです。
メーカーは設計製作は日本ケーブル。搬器メーカーはスイスのCWAとなっています。
横のリンクのつなわたりに箱根ロープウェイについて詳しく書かれてる他、箱根ロープウェイのHPをリンクに追加しましたので詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

又、箱根の宿についてはこちらもお薦めです。
 
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 13:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

愛.地球博モリゾーキッコロゴンドラ

少し懐かしく感じる人も居るかもしれませんが、以前愛知で行われた万博のゴンドラについて少し、記事として取り上げます。実は僕は万博には行ったのですが、このゴンドラには双方共乗車してません。今思うと乗っときゃ良かったと悔やんでます。少し説明するとモリゾーゴンドラについては長久手会場と瀬戸会場を結ぶゴンドラと言う事も有り無料で乗れました。途中、屈曲が有ったそうです。又、民家の前を通過する所も有る為プライバシー対策としてガラスが一部で曇る様になってたりした様です。又、キッコロゴンドラは長久手会場内を結ぶゴンドラで片道600円。JR東海の万博往復の切符を持ってる場合400円で乗れた様です。このゴンドラからは長久手の会場内が見渡せた様です。さて、万博で使われた2つのゴンドラですが、当初、びわこバレースキー場に移設と言う噂がされており署名運動まで行われた様ですが、予算や設備の関係でびわこバレーは移設を断念。その後、日本ケーブルの子会社のNCリゾーツが買い取り大型ロープウェイが建設されるが、もしこの時点で既に経営がNCリゾーツがびわこバレーの運営に代わっていたら、この2つのゴンドラも日本ケーブル製と言う事も有り、びわこバレーに移設されたのではと思う。(現状の大型ロープウェイとこのゴンドラを移設させるかはコストにもよると思うが...)。現在この2つのゴンドラは1つはタイで、もう1つは中国の四川省で運行されてる様である。尚、このゴンドラについて詳しく知りたい人は右のリンク集に有るこぶこぶ様が書いている索道観察日記に詳しい記事が書かれているので、そちらを参照にする事をお薦めします。
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

えぼしスキー場のゴンドラ(宮城)

ツイテナイので、俺の嫌いな日本ケーブル製の索道を紹介します。第2弾は俺が日本ケーブル、CWA製のゴンドラを嫌いになった忘れもしないゴンドラです。乗ったのは14年前なので大部昔の話ですが、小学生の頃の林間学校で後烏帽子岳(1681m)に登山する為に乗りました。乗った日は風が強く。揺れて気持ち悪くなった記憶が有ります。もうそれ以来日本ケーブル製のゴンドラには乗りたくないです。このゴンドラは普段スキー客専用ですが、オフシーズンも土日にハイキング客用に運行していたりします。
こちらが日本ケーブルの名板です。
日本ケーブル名板
日本ケーブルの搬器(ゴンドラ)は大半がスイスの客車メーカーのCWA社が製作しています。所で日本ケーブルのマークって生協のマークに似てませんか?
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

斑尾サンパッテックスキー場リフト

このスキー場は長野県の斑尾高原に有り、大学時代にスノボに行った時に来たスキー場です。リフトは2本有り双方とも日本ケーブル製ですが、ここのスキー場第1、第3リフトとあるのですが、
第2リフトが無いんですよ。
何故無いのは分らない、以前有って分け有って撤去したのか、これから作る予定だったのか…。でっかい謎である。
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

八甲田ロープウェイ

このコーナー第六弾は青森県の八甲田ロープウェイを紹介します。俺が乗ったのは小学生の時なので、10年以上前になります。この路線は十和田湖と青森市を結ぶ国道103号線の途中に有ります。路線は交相式で、設計製作メーカーはお馴染みの日本ケーブルですが、搬器は現在ので3代目で現在はスイスのCWA社の搬器を使用していますが、(つい近年架け替えられた)以前は国産の車両を使用していました。搬器は100人位乗れる大型で、上る途中に遭難した軍隊の像が見えます。また山頂は遊歩道が整備され手軽にハイキングを楽しむことが出来ます。又、山頂からの景色は絶景で、天気が良い日は、北海道まで見渡せます。
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

天元台ロープウェイについて

これも新コーナーです。今迄に乗った、ロープウェイ、ゴンドラリフト、リフト、ケーブルカーについて取り上げるコーナーです。今回第1弾で取り上げるのは。小学生の頃スキーの時に乗った山形県米沢市に有る天元台ロープウェイです。このロープウェイは麓の白布温泉から天元台を約5分位で結んでるロープウェイで確か50人位乗れる大型のロープウェイです。設計製作メーカーはお馴染の日本ケーブルですが、搬器メーカーは覚えてません。今度行った時写真+色々と調べて来ます。(何時になるかは分りません)
| 索道乗車記(日本ケーブル編) | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM